ためないでコレステロール

生活習慣病とコレステロール

生活習慣病というのは、日頃の運動不足やバランスの悪い食生活、タバコやお酒、ストレスなど、何気ない暮らしの中にあることが原因として発症する病気です。
内臓脂肪型肥満に該当し、高脂血庄、高血圧、高血糖の3種類の中で2種類以上が引き起こされているケースをメタボリックシンドロームといいます。
複数のトラブルが併発している状態のメタボリック症候群の場合は、相当に深刻であると捉える必要があります。

メタボリック症候群だけでなく生活習慣病にも、コレステロールは深いかかわりがあります。
コレストロールは高脂血症が生じることと結び付きがあります。
病院で高脂血症と診断された場合でも、最初のうちは血中に存在するコレステロールの量が多くなっているというだけのことですから、自覚症状を感じることはありません。
ただ、いくら自覚症状があらわれないからといって、必要以上なコレステロール値の体のままでなにもしないでいるのはお勧めできません。

自分では気づかないうちに血管内にコレステロールが溜まっていって、自覚した時には動脈硬化が悪くなっているという事態を招きます。
つまり、脳卒中や心筋梗塞などといった命に関わる状態にもなってしまいます。
悪玉菌のLDLコレステロールが140mg/dl以上、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が40mg/dl以下の場合に、高脂血症(脂質異常症)といわれます。

生活習慣病はほとんど自覚症状があらわれないまま悪くなりますから、これをサイレントキラーと称しています。
日常の忙しさにかまけて健康管理を怠っていると、命に関わるような重篤な問題に発展する恐れもあります。
健康診断などにより健康でないことが分かったら、徹底して改善に取り組みましょう。