食事メニュー

食事メニュー

高コレステロールといった状態の時は、太ったり動脈硬化が起こりやすくなります。
高コレステロールの主な要因は、高カロリーな食事をとることと体を動かさないことが原因です。
脂肪が少ないメニューに変更することは、コレステロールを低下させるのに理想的な方法です。

食事メニューを変更することも大切ですが、体を動かして運動することも併せて行う事でよりコレステロール値を正常に戻すことが可能です。
コレステロール値を下げる方法としては、有酸素運動が最も効果的だといえるでしょう。
有酸素運動の種類としては、水泳、ジョギング、ウォーキングなどの類です。
コレステロールを減少させるための運動は、食後3時間以上時間をあけてから行うのがよいとされています。

中性脂肪というのは食後3時間経過した時が最多になるタイミングですから、このとき運動を行なうと中性脂肪を上手に解消していくことが可能です。
不要な中性脂肪を取り除くことで、体に良い効果を与えるとされる善玉コレステロールを増やすことができます。
運動によってコレステロールを下げる際には、体がきついと感じるほど強い運動をしなければならないわけではありません。

チョット汗をかくくらいの運動を30分間から40分間、可能ならば毎日行い、それが無理でも週に3〜4回は実行することが大切です。
基準値を超えたコレステロール値を正すには、ジョギングで1日3キロから4キロ程度を目標にして、早く走ることよりも長時間ゆっくりと走るほうが効果的です。
そして、ウォーキングについては何も意識せずに歩くのは好ましくなく、姿勢良く歩くことが大切で、距離としては1日2から3キロを目安にするといいでしょう。

何よりも毎日続けるといった行為がコレステロールを下げるのに重要なので、強いストレスを感じない運動をするようにしましょう。