動脈硬化とコレステロール

動脈硬化とコレステロール

人間の体に、コレステロールはなくてはいけません。
最低限なくてはならないコレステロールがない場合、健康な肉体を保つことができないでしょう。

ですが、必要以上に多すぎるというのもよくありません。
必要以上のコレステロールは、病気の元になってしまうのです。
体内のコレステロール値が高まることで起こる病気で有名なものに、動脈硬化などが考えられます。
動脈硬化の場合コレステロールが相当に関係すると捉えられています。

必要以上のコレステロールが血管の内部で滞ると、血管の内側である内皮細胞に悪影響を及ぼします。
傷ついたところから悪玉コレステロールが入り込み、内皮細胞より深い内膜に行き着いてしまいます。
傷ついたすきまから、コレステロールだけに限らずカルシウムや血小板すら内膜に潜り込みます。
これらのものは粘度が高く塊を作り出し、血管内を狭くします。

こういった血管内が圧迫される状態が心臓の冠動脈の部分で起こると、心筋梗塞や狭心症に繋がる可能性があります。
動脈硬化になると血管の柔軟さが失われるため、負荷を加えることで血管破裂のような危険な状態になりやすくなります。

また、コレステロールが過剰だと発生しやすい病にコレステロール胆石もあります。
コレステロールというのは、胆汁酸の元になっていることから消化作用を助けるという働きがありますが、高脂肪の食事を続けたりストレス過多になることで胆のうに胆石が作り出されるケースがあります。
基準値を超えるコレステロールをそのままにしておくと病気になる確率を高めてしまうので、栄養バランスの良い食事、自分に合った運動を行ってコレステロールを低く抑えるようにしましょう。