HDLコレステロール

HDLコレステロール

コレステロールには善玉と悪玉の2種類があるというのを聞いたことがある人も多いと思います。
コレステロールが全て有害と言うわけではなく、健康に有効な作用を持っているコレステロールも存在しているのです。
これは善玉コレステロールを指し、HDLコレステロールになります。
HDLコレステロールは、血液の中を巡る際にHDLと呼ばれるリポ蛋白を使って往来しているコレステロールを言います。

原点を見ると善玉コレステロールは通常のコレステロールであり、悪玉といわれるLDLコレステロールとなんら違いはありません。
とはいえ、組成に応じて大きさ、比重、どのように働くかが同一ではないので、二種類の善玉と悪玉が存在しています。

たくさんのタンパク質を含有する高比重リポ蛋白のHDLについては、各部分で残ったコレステロールを肝臓まで運搬してくれます。
それから、血管に溜め込まれていくことにより、動脈硬化を起因することもあるぴったりと動脈壁にくっついたコレステロールも取り除いてくれます。
このように健康を目指す私たちにとって良い作用を持つコレステロールのため、善玉コレステロールと呼ばれています。

健康に良い影響が受けられる善玉のHDLコレステロールの規模を拡大するには、何と言っても暴飲暴食は良くありません。
日常の食事をバランスよく、食べる順番を食物繊維の多いものからにする、何度も噛んで食べることなどを習慣化すると、早食いや大食いの防止策になります。
肥満の状態や中性脂肪が増えることは、役に立つ善玉コレステロールの数値を減らす原因にもなるので注意しましょう。