コレステロール値を下げる

コレステロール値を下げる

コレステロールは、健康体を維持するため不可欠な物質です。
ところが、体内で多すぎるというのはトラブルのリスクを高めます。
そのうち、悪玉と称されるLDLコレステロールが多いのは危険信号で、メタボリックシンドロームや成人病のきっかけになる可能性があります。
健康を維持するために、必要以上にコレステロールが高いようでしたら下げる努力をするほうがいいでしょう。

毎日食べる食品によっても、コレステロールの数値を下げられます。
第一に、水に溶ける性質の食物繊維はコレステロール量を抑えるのに活かすことができます。
このうち、強い粘性の食品として知られる山芋やオクラに見られるムチン、海藻のワカメや昆布に見られるアルギニンは、コレステロールの値を調整してくれます。
水溶性食物繊維は、腸内でコレステロールを覆ってしまい体の外へと排除してくれますから、コレステロールの減少に繋がるのです。

他にもコレステロール値を下げるには、不飽和脂肪酸を多く含む食品を食べれば効果的です。
不飽和脂肪酸はコレステロールが体内に吸収されるのを抑止する効果がありますから、コレステロール値の減少をもたらします。

不飽和脂肪酸が多い食品としては、青魚のいわし、アジ、さばなどがあります。
オリーブオイルや菜種油、大豆油なども不飽和脂肪酸を多く持っています。
また、コレステロールの代謝には肝臓も無関係ではありません。
肝臓の働きが弱るとコレステロールの処理機能が落ち、血液中に増え高コレステロール血症になってしまうこともあります。
このため、肝機能を向上させるタウリンを積極的に摂るのも、最終的にはコレステロールの値を調整することになります。