コレステロールの項目

コレステロールの項目

健康診断などを受ける際に、コレステロールを話題にすることもあるでしょう。
コレステロールは、多い少ないのいずれに偏っても体に問題を生じる危険性があります。
動脈硬化などの危険な病気のイメージをコレステロールには持ってしまいがちですが、コレステロールは血管を詰まらせるわけではありません。

脳以外にも、筋肉や内臓などに分布しており、健康的な脳細胞を保ち続けるという役割を担っています。
健康診断の結果を見てみると、総コレステロール、HDLコレステロール、そしてLDLコレステロールの項目が存在するのが分かるでしょう。
総コレステロールというのは、HDLとLDLを合わせたものという意味なので、コレステロールは大きく2種類に分類されます。

実際には種類はもっとたくさんあるのですが、健康診断で重要になるのはHDL・LDLコレステロールとなります。
詳しい話をしますと、正確にはHDLもLDLもコレステロールとは違います。
脂質の特徴上、コレステロールは血液に溶けるわけではないのです。
なので、リポ蛋白と呼ばれるものを使って血液中を移動しています。
この場合に使用するリポ蛋白というのがHDLとLDLというわけです。

HDLを利用し移動するコレステロールをHDLコレステロールといい、LDLを利用し移動するものをLDLコレステロールと言っているのです。
元々は同じコレステロールですが、リポ蛋白の働きの違いにより善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分類されています。
HDLコレステロールの方が善玉コレステロール、一方の悪玉コレステロールはLDLコレステロールと呼ばれています。