コレステロールの働き

コレステロールの働き

コレステロールは、体の中に存在している脂質のひとつになります。
コレステロールと聞くと、不健康な印象や肥満という印象を受ける人もたくさんいると思います。
コレステロールの摂り過ぎは、実際に肥満や様々な病気の原因になる可能性が高くなります。
ですが、コレステロールは細胞膜や神経などの原料となる、人体に必要不可欠な物質です。

そして、コレステロールはホルモンの生成にも関係があり、副腎皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンといったものを作り上げるのに欠かせない成分といえます。
それ以外にもコレステロールは、食物の消化吸収に必要な胆汁の主成分の胆汁酸を作る材料にもなります。
体が健康である為に必須なコレステロールが足りなくなると、問題が多発します。

コレステロールは細胞膜を作り出しますが、万が一足りなくなると、健全な細胞を維持することが困難になります。
この状態に陥ると、病気に抵抗する免疫力に陰りが見え始めるようになり、病気にかかりやすくなります。

さらには、神経の伝達に異常を起こしたり必要な胆汁が構成されないと消化不良などが起こりやすくなります。
このようなトラブルを起こさないためには、最低限のコレステロールが必要なのです。
1日に摂るコレステロールの目安は大体1.5から2.0gが適当です。
全体量の70〜80%は肝臓を中心に体の中で作られ、残り20〜30%を食物から補い、トラブルのない人体の保持に駆使されていきます。

体に異常のない人は、余分にコレステロールを摂取したとしても、体内で作られるコレステロールの量を自発的に減らす働きをして体の中にあるコレステロール量を上手く調節してくれます。
しかし、年齢が高くなるとこの機能が低下してしまい、コレステロールの調節が上手くいかなくなります。